ルーターを利用しているときにセキュリティシステムではファイアウォールの機能は必要ありません。

セキュリティのシステムは操作に支障がないもの

セキュリティのシステムは操作に支障がないもの
セキュリティのシステムは操作に支障がないもの

ルーターを利用するときのセキュリティシステム

ネットワークを構築するときにルーターを間に入れることがあります。これによって複数のパソコンを接続したりすることができるようになります。一般の家庭ではパソコンが1台しかない場合もあります。その場合は直接モデムからインターネットに接続をしますが、複数台ある場合には間にルーターを入れることもあります。そのことから1台の場合はルーター無し、複数台の場合はルーターありのように考えていることもあります。必ずしもそうではありません。

つまりは1台においてもルーターを導入する意味合いはあります。それはルーターがセキュリティの役割を担ってくれるからです。ネットワークとの接続を行うとき、情報を送ったり送られたりすることがあります。送られてくるときの情報をきちんと分類してくれるのがルーターになります。そのためにファイアウォールの役割があるとされます。もしルーターを利用しているのであれば、セキュリティシステムにおいてはファイアウォールの機能は必要無くなります。

このときに必要なものはアンチウィルスに関するもので問題ありません。ネットワークやメール等に何らかのウィルスが入ってこようとしたときにそれを遮断してくれたり教えてくれるものです。必要な機能が変わってきます。

話題になっているシステム関連情報。ココがイチオシです★

Copyright (C)2017セキュリティのシステムは操作に支障がないもの.All rights reserved.